読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学ランと心中

ホモをご飯にかけて食べると美味い。

華アワセの話

よもやま

 こんばんは。

 突然ですが現在みなさんは、恋、してますか?

 わたしもね、Twitterやブログでさんざんホモホモ言ってますけど、もういい歳なんだしそろそろ真面目に恋愛しなきゃな…と思って殿方との交際を始めることにしました。乙女ゲームで。

 

 

……

 

………乙女ゲームで。

 

 

 

 

 ということで今回はBL大好きで乙女ゲームは殆どやったことのない20代のOLが現在進行形でドハマリしている『華アワセ』の話をします。

 

○華アワセとは

 花札モチーフの女性向けPCゲームです。ゲーム付ムックとして売られていて、その辺の本屋さんでも買えます。めちゃくちゃ薄い本と一緒にブランドもののバッグやポーチがおまけに付いている宝島社お得意のアレと同じようなもん。

 

華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)

華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)

 

 

 

 ストーリーのあらすじは、

"華札"を用いた札遊び、"華遷"
その特殊な"華"の力を引きだせるのは、一部の能力者"華咏"のみ。
彼らの多くは男性であり、学園内に限り唯一の力を持つ5人は "五光"と呼ばれ、崇められている。
本作は、稀有な才能・人材を輩出する華遷国立学園を舞台にくり広げられる、"五光"を目指す男性たちと、彼らに身を捧げる乙女の物語である――
                        (公式サイトより引用)

 って感じで、この五光とヒロインの恋愛模様が主軸になっています。華遷は基本的に"華詠"と"水妹"の男女ペアで行われます。ヒロインは伝説の水妹で甘いフェロモン垂れ流しの"泉姫"候補として華遷国立学園に編入し、様々なメンズとペアを組んで戦ううちに失われた過去を知ったり事件に巻き込まれたり愛を育んだりします。

 

 

 現在3巻まで出ており、価格は蛟、姫空木編が約1500円、唐紅/うつつ編が2800円。どの巻もストーリーは2~3日あればフルコン可能なボリュームですが、スチルもそこそこあるしPCゲームとしては安価だと思う。

 2012年に蛟編が出て、次に第二弾の姫空木編が出て、最近唐紅/うつつ編が発売しました。唐紅/うつつ編だけ真ん中のヒロインが両手に花状態なんですけど3Pものではないのでご了承ください。

 好きなキャラがメインの巻だけやってもいいけど、伏線回収やストーリーの関係で個人的には全部やってほしい。ちなみに次巻(多分これで最後)のいろは編は来年出ます。

 

 ●世界観が楽しい

 華アワセは花札だけでなくストーリーやキャラクターの名前に神話や御伽話などが多く使われているので、考察が好きな方にはたまらんと思います。逆に深く考えずにイケメンとのいちゃらぶを楽しみたい!って方は消化不良で終わってしまうかも。謎が多過ぎて頭抱えること多し。

 

 

●和歌が楽しい

 華アワセはキャラクターの心情を表すためにストーリー内でたびたび万葉集古今和歌集などに収録されている和歌が詠まれます。なんて雅で斬新なモノローグなんだ…。わたしが学生の頃にこのゲームが出ていたら間違いなく校内で和歌博士の名を欲しいままにしていたことでしょう。

 

 

 ●花札のゲームが楽しい

 wiki花札モチーフの女性向けPCゲームとあるように花札が大きなキーになっていて、ストーリー進行中に花札を使った戦闘シーンがやたらとあるんですが、その戦闘に勝つためにはまず花札のゲームで攻撃力やMPなどの能力値を上げる必要があるんです。まあそのゲームが最高に面白い。どれくらい面白いかと言うと、ストーリー放置して一日中レベル上げに没頭してしまうほど面白い。ランキングもあって上位になるとイベントとスチルご褒美がもらえるし、持ち札がリーチになったり役が出来たことを自動で教えてくれる親切設計なので花札のルールを知らなくても楽しめます。通常の花札とは少し異なりますがわたしが学生の頃にこのゲームが出ていたら間違いなく校内で花札博士の名を欲しいままにしていたことでしょう。

 

 

●キャラソンが楽しい

 声優陣はそのあたりに疎い自分でさえほとんど知っている有名な面々なのですが、先述した花札の戦闘中にある一定のゲージがたまるとキャラクターが良い声で歌ってくれます。花札しながら突然歌い出すイケメン、めっちゃ新しくない?

 

 

●イラスト鑑賞が楽しい

 公式サイト(http://hana-awase.net/)を見て頂ければ分かる通り立ち絵スチル共に超絶美しい。ムック本でいつでもそのイラストを舐めるように眺められるのも良いです。キャラクターデザイン・原画は由良さん。わたしの中で最高のBLゲームと名高いラッキードッグ1も由良さんだけど、ラキドの時とはまた違った色の塗り方で儚く切ない華アワセの世界観と合致してる。映像もスタイリッシュで特にこのムービーは狂おしいほど好き。

www.youtube.com

 

 

●豊富なバッドエンドが楽しい

 華アワセは各巻の後ろに蛟編とか姫空木編とか書かれていて、○○編の○○以外のキャラクターのルートは基本的にバッドエンドなんですけど、正直ハッピーエンドよりもこっちの方が力入れてるんじゃねーか?と疑ってしまうほどバッドエンドの種類が豊富で濃い。グロはないけど結構心を抉られたというか精神的にクるバッドが多かったなという印象。でもよく作り込まれてるし巻ごとにイメージが大分変わったりするキャラもいるのでそれも含めて楽しかったです。

 エンドではないですけど、乙女ゲームにも関わらずルートによっては百合百合しいスチルまであり、各種性癖取り揃えてます感がある。

 

 

 ●個性豊かなキャラクターが楽しい

  華アワセはサブ含めて個性的なキャラばかりでキャラ同士の掛け合いがすごく面白い。ストーリー上シリアスな場面が多いんですが、ちょいちょい茶番が入るので癒されます。

 ここからは独断と偏見に満ち満ちたあだ名を勝手に付けつつ攻略キャラ+αの話をします。ここからちょいちょいネタバレあります。

 

 

 

『華アワセ』応援中!

 ○蛟

絵になる童貞。

 絵に描いたような童貞じゃなくて格好良いのに童貞なので絵になる童貞とさせて頂きました。

 蛟編の主人公。クソ真面目で一途。時折暴走してしまうことがありますがどの巻でもキャラのブレがなく好感がもてます。ただ華うつしランキング戦ではめちゃくちゃ強いので若干嫌いになりかけました。あの防御値の高さと貴方の童貞って何か関係してるんですか?あと福山潤氏のドモりボイスめちゃくちゃ好き。

 

 

 

『華アワセ』応援中!

 ○姫空木

美しきねっとりホラー貴公子。

 姫空木編の主人公。普段は温厚で男女共に慕われている王子様。彼を一目見たときから「こいつは怖い(確信)」って思ってたんですけど、ハッピーエンドはともかく大抵のバッドは他のキャラと比べてぶっちぎりクレイジーでゾクゾクしました。優しい声とお綺麗な顔が完全に狂ったときのギャップがたまらん。唐紅/うつつ編では年相応の普通の男子!って感じの可愛らしい一面も見えて彼の印象がかなり変わった気がします。あと花札時の姫空木のボイスえっち過ぎる。少コミの言葉責め大好きな男キャラかよ。

 

 

 

『華アワセ』応援中!

 ○唐紅

イケメンなジャイアン

 唐紅/うつつ編の主人公。セクハラ下ネタ当たり前の俺様キャラで最初は自分勝手な行動にイラッとすることも多かったけど、筋を通すべきところはちゃんとしています。どのルートでも最後にはその男らしさと潔さに全てを許して「お前さあ…格好良すぎかよ…」となってしまうくれなゐ様マジック。唐紅編で恋に苦悩してるシーンを見てより好きになった。あと立ち絵の腰のくびれが犯罪的にセクシー。

 

 

 

『華アワセ』応援中!

 ○いろは

だらしねえ甘党ロボット。

 感情のない瞳、抑揚のない声がロボットを連想させる華園のトップいろはさん。常に全身から色気オーラが漂っており視線を合わせるだけで相手を魅了し時には気絶させてしまうトンデモ特殊能力を持っている。ストイックで完璧そうに見えて部屋が汚かったり甘いものしか食べなかったりとあざとい設定もある。蛟編、姫空木編、唐紅うつつ編のどのサイトでもキャラクター紹介がメインの男キャラを差し置いて一番上にきており、やんごとなき大物感を漂わせている。

 

 

 ○うつつ

みこ親衛隊長。

  唐紅/うつつ編でやっとその存在が明らかになってきたうつつ。ヒロインのデフォルトの名前である「みこと」を略しているのか「巫女」のことを示しているのかは分からないけどヒロインのことを「みこ」と呼び、いつも影ながらヒロインを見守り、ずっとヒロインのことだけを想い続けていた男の子です。うつつ編では長い時を超えて結ばれて本当に良かった。

 

 

 ○みこと(名前変更可)

全人類の聖母。

  華アワセのヒロイン。ごくごくふつうの高校生だったのになんやかんやあって上記のイケてる野郎共が集う華園に編入することになります。これがまた本当にいい女なんですよ。誰にでも優しくて平等、料理や裁縫が得意で、大人しそうに見えて割とおてんばなところもあって芯が強い。その上巨乳。ルートによっては流されやすくて少し優柔不断かなと感じるところもあるんですけど、嫌味がない良ヒロインだと思います。

 それぞれお家の事情や特殊な力に悩まされ闇を抱える男子を救済へと導く圧倒的な『母み(母親のような包容力とぬくもりをもつ女性を指す言葉)』を持っているところもみことの魅力のひとつだと思います。ママ、好きだ…。

 ゲームのパッケージイラストはクールな表情のみことが多いですけど、このコンプリートブックのみことは女の子らしくて可愛いですね。

 

 

 

 

 

 

 ◎総括

 笑えるし照れるし泣けるし謎が謎を呼ぶ良質なシナリオと、一癖もふた癖もある魅力的なキャラクターと伝承伝説てんこもりなファンタジー色の強い世界。飽き性なわたしでも最後まで夢中でプレイ出来たおもしろ乙女ゲームだったので気になった方は是非プレイしてみてください。そして誰推しか教えてくれよな!

広告を非表示にする