読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学ランと心中

ホモをご飯にかけて食べると美味い。

『セブンデイズ』実写化と、『同級生』アニメ化の話

BL漫画

セブンデイズ「実写化します」

私「またまたぁ~~」

 私「?!?!?」

 

 

 

同級生「アニメ化します」

私「またまたまたぁ~~」

 私「?!?!?」

 

 

 私がBL界の神として崇めている橘紅緒さん(原作)&宝井理人さん(作画)の『セブンデイズ』実写化と、中村明日美子さんの『同級生』アニメ化が決定しましたね!本当におめでとうございます!!

 

 

 

 

セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22)

セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22)

  • 作者: 橘紅緒,宝井理人
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2007/09/01
  • メディア: コミック
 
セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)

セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)

  • 作者: 橘紅緒,宝井理人
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2009/06/01
  • メディア: コミック
 

 【内容】

「俺とつきあってよ 芹生」
高校三年生の篠弓弦は、
月曜日の朝、弓道部の後輩である芹生冬至と校門で出逢う。
学年を問わず女生徒に人気の芹生は
月曜日の一番最初に告白してきた相手と必ず付き合い、
週末に別れると噂されている。
一週間限定の恋人…弓弦の軽い気持ちから出た一言でつきあうことになったふたりだが…               Amazon」より引用 

 

 実写化を知ったとき、女子からワーキャー言われている弓弦さんの方はもちろん、「月曜日に告白してきた相手と必ず付き合って、週の終わりに『好きになれなかった、別れよう』と振って一週間で関係を終わらせる」という噂があるのに毎週次から次へとひっきりなしに色んな子から告白される芹生を実写化するなら相当なイケメンじゃなきゃ駄目だぞ…と心配していたのですが役者さんは両者ともハイパーイケメンだったので安心しました。

 芹生冬至役は廣瀬智紀さん、篠弓弦役は山田ジェームス武さん。廣瀬智紀さんは私が何をどう頑張っても全くチケットが取れない舞台「弱虫ペダル」の巻島役なんですね。山田ジェームス武さんはメンズエッグ出身なのか。メンエグモデルと聞いて一瞬ギャル男の弓弦さんを想像して身構えてしまったけど現在の山田さんは爽やかな感じだったので良かった。

 

 とはいえ実写化はドラマCD化やアニメ化に比べると複雑に感じる方もいらっしゃると思います。ファンタジーであるBLにリアリティが入り込んでしまうことになるので実写化はなかなか難しい。いち原作ファンとして不安な面もありますが二次元のBL漫画に出てくる男の子たちを生身の人間が演じることで否応なしに生じるギャップをどのように埋めて、どのように表現していくのかに期待しています。

 『セブンデイズ』は男子高校生たちのライトなBLなので、弓弦さんの美人だけど性格は男前でつかみどころのない感じとか、芹生の一見クールなのに弓弦さんの行動のひとつひとつにドキドキしたり嫉妬したりする年下っぽくて可愛い感じをそのまま自然で透明感のある雰囲気で演じて欲しいです。あと膝枕のシーンと、芹生が弓弦さんに「俺ね、恋人には束縛されたいタイプだから」って耳打ちした後に弓弦さんが「こいつマゾなんだって」って周囲の女の子に言いふらすシーンが個人的に大好きなので絶対観たい。舐めるように観たい。

 

 監督は横井健司さんで、脚本は『どうしても触れたくない』でも脚本を務めた高橋ナツコさん。『どうしても触れたくない』は観ていないのですが、高橋ナツコさんが脚本担当してた『美男高校地球防衛部LOVE!』の合宿回は最高だった。

 

 

 映画をどこで上映するかも気になりますね。映画『セブンデイズ』|公式ホームページ には池袋HUMAXシネマズにて初夏公開決定と書いてありますが、東京以外でもやるのかな?先述した2014年の5月に映画を公開開始したヨネダコウさん原作のBL漫画『どうしても触れたくない』は最初東京のみの上映予定だったけど好評につき大阪や京都などにも上映地域を拡大したそうなので、セブンデイズも似たような感じで後々色んな地域でやってくれると嬉しい。

 

 

 

 

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

 

 【内容】

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた草壁光。佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、だれもいない教室でひたむきに歌の練習をする佐条の後ろ姿を見た草壁は思わず声をかける…。高校時代のピュアな恋愛をさわやかに描いた、青春ときめきボーイズ・ラブ第1弾!!   Amazon」より引用

 

  『同級生』はあとがきに書かれている「まじめに、ゆっくり、恋をしよう」がテーマになっている青春の甘酸っぱいお話。アニメ「同級生」オフィシャルサイト を開くと一番最初にこの言葉が出てきますね。

 

  声優は草壁光役が神谷浩史さん、佐条利人役が野島健児さん。ドラマCDのときと同じ配役なのですが、ふたりとも草壁と佐条のイメージぴったりだったので変更なくて良かった。CD化が決定したとき最初は「えっ、草壁が神谷さんって意外だな…」って思ったけど、聴いてみると全然違和感なかったです。草壁は「だ、だって俺お前のこと好きになっちゃったみたいな感じなんだもん!!」って台詞が早口で余裕ない感じが伝わってきてすごく好き。できればハラセンの声も石川英郎さんのままがいいな。

 

 アニメの制作会社はA-1 Pictures!!…と言っても自分はアニメ会社に詳しくないのでたったいまオフィシャルサイトをチラ見してきましたが、『アイドルマスターシンデレラガールズ』や『うたの☆プリンスさまっ♪』のアニメを作っている会社なんですね。デレマスもうたプリも作画は割と安定してたし既に公開されている『同級生』のPVも綺麗だったのでかなり良いものになりそう。WORKSの下の方にあった『咎狗の血』という文字は見なかったことにしました。

 

 BLのアニメ化って基本的にOVAが主で、テレビアニメには滅多にならないですよね。最近では影木栄貴さん&蔵王大志さんの『LOVE STAGE!!』や、中村春菊さんの『純情ロマンチカ』『世界一初恋』あたりが記憶に新しいけど(『世界一初恋 〜横澤隆史の場合〜』は劇場でも公開されたのですごい)、ライトノベルや少女漫画などのジャンルと比べるとアニメ化の数は圧倒的に少ないと思います。現時点では『同級生』がOVAなのかテレビアニメなのかはわかりませんが、この作品はBLをアニメ化したときにネックになってくる濡れ場シーンがほぼないのでテレビで放送しても問題ないと思います。続編の『卒業生』までやるなら規制を入れる箇所が出てくるかもしれないけど、「いや明らかにここから光入ってくるのおかしいやろ」みたいな不自然極まりない規制入れるくらいならOVAにして欲しいかな。

 

 

 

 

 私は原作の雰囲気を壊さずに良質な作品になっていれば実写化もアニメ化も大歓迎です。『セブンデイズ』と『同級生』はどちらもBLだけど、「BLとか関係なく最高だからとにかく騙されたと思って読んでみて欲しい」と床に額を擦りつけて土下座しながら懇願ステマしたくなるほど好きなお話なので、これを機に腐女子だけではなくもっと色んな人に作品に触れて欲しいなあ。どっちも楽しみだ~!