読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学ランと心中

ホモをご飯にかけて食べると美味い。

腐女子とバレンタインの話

よもやま

こんばんは~。

明日は2月14日、バレンタインデーですね。クソみたいな世の中の慣習に倣って私も今日は会社の同僚たちにお手頃値段の義理チョコを配ってきました。上司にニヤニヤしながら「本命は?」と訊かれたのですが「日本刀*1」と答えるわけにもいかず、「ここにいる皆さんに決まってるじゃないですか~♡」と引き攣った笑顔で返しました。

今回は私のようにバレンタインイベントが会社や学校での義理チョコ配りで終了してしまった可哀想な腐女子のためにバレンタインを全力で楽しむ方法をご紹介します。

 

 

 ①キャラクターにチョコレートを贈る

パンがないならケーキを食べればいいじゃない。三次元にチョコを贈る相手がいないのなら二次元のキャラに贈ればいいじゃない。

私はバレンタインと言うとテニスの王子様を真っ先に思い浮かべるのですが、今年のバレンタインは人気投票形式にするみたいですね。毎年「納税」と呼ばれるほどテニプリ女子の間では欠かせない義務のようなものになっており、2014年は約6万個を記録した跡部景吾へのチョコですが、今年からは集計がなくなるようで少し残念。跡部様のバレンタインチョコを数えるバイトがあったらやってみたかった。

 

 

 

②バレンタインにぴったりなBLを読む

どうせ予定もないですし、バレンタイン当日は部屋に引きこもってBLでも読んで甘い気分に浸りましょう。

 

あいしちゃったの (光彩コミックス)

あいしちゃったの (光彩コミックス)

 

 

ミックス・ミックス・チョコレート (光彩コミックス)

ミックス・ミックス・チョコレート (光彩コミックス)

 

どちらも星野リリィ先生の短編集です。『あいしちゃったの』に収録されている「ミックス・チョコレート」と、その続編である『ミックス・ミックス・チョコレート』の表題作。バレンタインと言えばやっぱりチョコだな~と思ってチョイスしました。

たくさんのチョコの中から、食べるとエッチな気分になるガラナチョコを引き当てたらイケメンの柿内(攻め)とセックスできる<ミックス★チョコレート>という貞操観念ガバガバなゲームに小笠原(受け)が参加するところからストーリーは始まります。

それにしてもガラナチョコって本当にそんな効果あるのか?と疑問に思って検索してみたらLCラブコスメティック(やたらとオシャンティーな女性向けのアダルトグッズ?会社です)が心と体が踊りだすような感覚を味わえるという【ガラナチョコ&ココナッツ・コーヒー】なる商品を販売していました。購入者のレビューを読んだら「これを彼に飲ませたらボディタッチが増えた」「セックスレスが解消された」とのこと。…すみませんこの情報は彼氏のいない腐女子には必要なかったですね。もちろん私にも必要ねえわ。

このゲームには攻めと受けの外に女の子が何人か参加しているんですけど、可愛い顔して全員柿内とのセックスを狙う雌豹です。まあボーイズがラブする漫画なのでガラナ性交が当選するのは男の小笠原なんですけどね。BLに出てくる女は大体幸せにはなれない。

続編の「ミックス・ミックス・チョコレート」では、柿内に惚れた小笠原が『再びガラナを引き当てて、体が熱くなってしまったので抱いて欲しい』と嘘を吐く話です。リリィ先生の描かれるBLは受けが告白するときや攻めに抱かれるときに涙目になることが多いんですけど、小笠原も泣き顔が可愛くてキュンとします。

 

 

 

鮫島くんと笹原くん (マーブルコミックス)

鮫島くんと笹原くん (マーブルコミックス)

  • 作者: 腰乃
  • 出版社/メーカー: ソフトライン 東京漫画社
  • 発売日: 2011/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 コンビニバイトくんたちの話です。

ヘタレで健気な鮫島くん(攻め)とノンケの笹原くん(受け)のほのぼのBLです。少し面倒くさいところ(乙女思考&ひとりで突っ走る&ネガティブ&恥ずかしがりや)もあるけど一途な鮫島くんが本当に愛しい。

鮫島くんがバレンタインに大好きな笹原くんから貰った義理チョコ(ただのポッキー)を毎日一本ずつ大事に食べていたのに家に遊びにきた笹原くんにほとんど食べられてしまってブチ切れるシーンが最高に不憫度が高くて良い。笹原くんはノンケなので同性から好きだと言われてもイマイチ実感が湧かなくて最初は鮫島くんに対して無神経な行動をとるんですけど、ほだされてからは攻めの鮫島くんより男前になります。脱がされる受けもいいけど、自分から服を脱ぐタイプの受けはもっといい。

 

 

 

③バレンタインBL短歌を詠む

五七五七七で男同士の愛を詠むBL短歌。

Twitterなどで【#BL短歌】を検索すると一次創作二次創作問わず素敵な作品を数多く発掘することができます。

バレンタインの時期には【#VdBL短歌】のハッシュタグで毎年お祭りをされているようなので自分の作品をツイートしてみるのも良いかもしれません。

BL短歌「共有結晶」 様:BL短歌とはなんぞや?という方はまずこちらのサイトから。


バレンタインBL短歌企画・1日目参加短歌リスト - Togetterまとめ


【BL短歌】バレンタインBL短歌祭り【2014年】 - Togetterまとめ


Bl短歌バレンタイン企画( #VDBL短歌 )・2015 - Togetterまとめ

 

2013年に私もちょろっとTwitterのお祭りに参加させて頂いたのですが、普段だらだらと妄想を綴ることが多いので五七五七七で簡潔に萌えを表現するのはなかなか難しく面白かったです。

 

 

 

 ④バレンタインのBLシチュエーションを考える

2月14日に攻めと受けは何をしているだろう?と腐った脳で考えるあるいは絵や小説などで形にして楽しいバレンタインを過ごすのも良いかもしれません。

とりあえずバレンタインと聞いて私がパッと思い浮かべた「宮が選ぶ超絶シコいBLバレンタインシチュランキング」をここに書いておくので参考までに記しておきます。

 

【宮が選ぶ超絶シコいBLバレンタインシチュランキング】

第3位:バレンタイン売り場で挙動不審になるホモ

王道ではありますが、好きな男にチョコを渡すために恋する乙女の戦場であるバレンタイン売り場に繰り出すホモ、というシチュエーションが好きです。男だとよほど料理の腕に自信がない限り「好きな人に手作りチョコを渡す」という発想はまずないと思うんですよ。なのでバレンタイン売り場でちょっとだけラッピングに手の込んだ洒落たチョコを買おうとするわけですが、案の定売り場には女の子しかいなくて男はアウェイ感にたじたじになってしまう。それでも勇気を出してレジにチョコを出してもいいし、やっぱり無理だったと引き返して翌日申し訳なさそうにコンビニで買ったチョコボールキットカットを渡すのも良い。シャイボーイだとメルティキッスは名前がこっ恥ずかしいので諦めるだろうな。とろける接吻。

 

 

第2位:男子校でポッキーゲーム

周りに女子がおらず、バレンタインに縁のない男子校の高校生が「俺たちもバレンタインしようぜ~!」ってノリで男同士でチョコを分け合うことから始まるBLシチュエーションが好きです。実際男ばかりでむさくるしい男子校でバレンタインイベントなんて発生するのか?という疑問はありますが、確かめる術もないしこの際そんなことはどうでもいいです。そうであって欲しいという希望的観測でBLは作れる。

ポッキーゲームは片方がお遊び感覚で無邪気に距離を詰めていくのに対して、密かに相手に片想いをしているもう片方の男が「ちょ、ちょ、待って…!」と顔を(自分の気持ちがバレると思って)青くしたり(でもキスしてえな…という欲望が渦巻いて)赤くしたりするシチュも可愛いですが、お互いに平気な顔してポッキーを食べていき最終的にキスもしちゃうけどへらへらしており、※付き合ってない と注釈が入るような男の子たちもいいですね。しかしポッキーゲームなんて卑猥なゲーム一体誰が考えたんだ。恥を知れ。ありがとうございます。

 

 

第1位:「攻めくんに渡して欲しい」と女子に頼まれたチョコをゴミ箱に捨てる受け

 いやいや最低かよ!って言いたくなるでしょ?そうです最低です。この受けは「攻めくんに渡して欲しい」と女子に頼まれたチョコを「うん、わかった」と笑顔で受け取っておきながら後でゴミ箱に捨てる最低な男です。男に恋をする男は最低であり、強かであり、ずる賢くて卑怯であって欲しい。

日本のバレンタインはどうあがいても基本的に【女が好きな男にチョコを渡す日】となっているので、この現実をBLに持ち込むと当然こういう場面も出てくると思うんですよ。最低な男だなと思う一方、それだけ攻めの事を盲目的に狂気的に愛していることが伝わってくるし、同時に少し可哀想だなとも思いますね。攻めと受けの立場は逆でも萌えます。ドロドロしたBLは最高。

 

 

 

 

 

 

以上4つの方法をご紹介させて頂きましたが、正直に申し上げると恋人がいない腐女子のバレンタインの一番良い過ごし方は、2月14日はバレンタインデーではなくただの2月14日と思って過ごすことだと思います。

2月14日、平常心で過ごそうな。

*1:刀剣乱舞-ONLINE-というゲームに登場するイケてる男子のこと