学ランと心中

ホモをご飯にかけて食べると美味い。

刀剣乱舞をやや進めた話

こんばんは~。休日いかがお過ごしでしたか。

私は体を鍛えようと思って金曜日にジムに行ったら無理が祟って土曜日は高熱で寝込んでしまいました。今まで「男キャラが昼夜問わずスポーツに励む姿を見るのは好きなんだけど、自分が運動するのは嫌いなんだよね~~」と思っていたひ弱な体の人間がいきなり3時間も筋トレなんてするもんじゃねえ。

とはいえ風邪で引きこもっていたお蔭で(風邪じゃなくても休みの日は大体引きこもりなんですけど)先週忙しくて放置気味だった刀剣乱舞がそこそこ進んで4-3のボスまで到達したので雑感を書きます。(前回同様特に有益な攻略情報はありません)

 

 

 

・中盤?に入ってからなかなかボスに辿り着けない事案が発生

「大太刀や太刀ばかり育てて楽しようと思った?残念でした~~w」という運営の高笑いが聞こえてきそうですね。確率の問題なのかもしれないけど。

 

 

 

 

桶狭間は資源配給所

現在は4-4にいますが、ひとつ前の桶狭間(4-3)は資源の宝庫で最高でした。パーティーに打刀×2を入れてなかったときは全然ボスに辿り着けなかったんですけど木炭・冷却材・玉鋼が豊富に手に入るので「まあいいか~」と気楽な感じでサイコロ振ってました。

今まで特に何も思わず資源を拾ってたけど、実際に道端に冷却材が大量に落ちてたら相当ビビるだろうな。しかも誰ひとり遺失物として警察に届け出ようと言わず「はっはっはっ、拾ったぞ」「掘り出し物だね」って喜んで懐に仕舞ってる刀剣男士たちの姿を想像すると少しだけ良心が痛みます。

 

 

 

薙刀が強くなってきた

レベル30くらいまで全然強くなる気配が無くて、一時は育てることに疑問を抱いていた岩融さん(薙刀)ですが、40超えたあたりからバンバン敵をなぎ倒して『誉』を得るようになりました。

同レベル程度の相手にはそこまで威力を発揮することは滅多にないんですけど、格下相手の敵だと容赦ないです。大太刀よりも多くの敵にダメージを与えられるので岩融を連れて行ったら戦闘がすぐに終わってしまう。レベリング出陣には最適。

ここまで辛抱強く育ててきて本当に良かったな~って最近思い始めたので、「ぶっちゃけ薙刀微妙じゃない?1とか3しかダメージ与えられないし…」って思ってた方はもう少しレベル上げ頑張ってみて下さい!

 

 

 

・加州清光の人気っぷりに驚く

 刀剣乱舞開始時から人気の高いキャラだなと思っていましたが、Pixivで検索かけたら1840件って出てきてヒエ~~ってなりました。ヒエ~~。

入手した時期が遅かったのですが私も手に入れてからは隊長やってもらってます。本人は偵察が苦手って言ってるけど偵察値が高いし。あとは忠誠心もぶっち切りで高い。ものすごく尽くしてくれる。

愛らしいビジュアルはもちろん、彼の魅力はやっぱり「可愛くありたい、主に愛されたい」って部分が台詞の端々に表れているところにあるのかなーと。だって負傷しても「疲れた」とか「痛い」じゃなくて「こんなにボロボロじゃあ…愛されっこないよな」って悲しそうに言うんですよ。なので負傷時は毎回「愛するに決まってるだろバカー!でも傷は早く治しなさいね!!!」ってブチ切れながらお手入れ部屋にぶっ込んでます。

『貧しい環境で生まれ育ったのでオシャレに気を遣い、綺麗な格好をしていれば主に可愛がってもらえると思っている』という設定も愛され要素のひとつだと思います。いつでも綺麗に着飾って主に見てもらいたいと思っている承認欲求の強さを持つ一方で、自分を川の下の子(河原者)だと卑下したり負傷するともう主に愛してもらえないと思ってしまう自己評価が低い一面もある、危うい魅力を持つ刀です。

あとは清光だけじゃないですけど、ニコニコ動画にMMDもありますね。本当に審神者たちに愛されてるなあ。

 

 

 

・三日月宗近を見つけた

数日前に刀剣界隈で黄金レシピと言われる「660/660/760/760」でチャレンジしたらひょっこり出てきました。絵馬なしで、隊長は蛍丸だったかな。

5-4でドロップするという噂を聞いたこともありますが、レア度はピカイチな三日月さん。その出会いにくさから「世の中には三日月宗近を手に入れた審神者と、三日月宗近を手に入れていない審神者の二種類が存在する」とも囁かれていますが、私も遂に‟‟こちら側””の審神者になってしまったというわけで、この報告は親切なレシピ報告と見せかけて120%ただの自慢です。

この三日月宗近、審神者たちにおじいちゃんおじいちゃん言われてるけど今までは二次創作の情報しかなかったので一体どのあたりがおじいちゃんなのかイマイチよく分からなかったんですよ。平安時代の刀で約1000歳というのは知っていたのですが、確か年齢だけで言うなら石切丸や岩融もほとんど同じ歳ですからね。

しかし入手後は彼がおじいちゃんと呼ばれている理由が分かりました。というか自己紹介のときに「十一世紀の末に生まれた。ようするにまぁ、じじいさ。ははは」って自分で言っちゃってますね。じじいは自己申告だったのか。

あとは普段の台詞もおじいちゃんらしさが滲み出ているマイペースなものが多いですね。重傷になっても「はっはっはっはっ…いや、笑っている場合では無いか」って。これが演練じゃなくて出陣だったらマジで笑ってる場合じゃなかった。おじいちゃんが、というよりも苦労して手に入れた私が笑えない状況になっていた。あとは装備時の「お洒落は苦手でな。いつも人の手を借りる」とか。装備も自分で出来ひんのかい!そりゃ介護係も必要ですわ。

あとこの記事を書き始めた数時間前には我が部隊のおじいちゃんが出陣でボスを倒したきり編成画面から消えるという狙っているとしか思えないバグが起こりまして、ついスクショを撮ってしまいました(画面更新したら無事に帰ってきました)

f:id:xmiy8x:20150201193356p:plain

桜の花びらだけが虚しく舞っている…。

せっかく入手したのでこれからもレベリング頑張ります。