学ランと心中

ホモをご飯にかけて食べると美味い。

モブおじさん採用試験のESを書きました

こんばんは。いつの間にかこのブログの閲覧数が1万を超えていました。ありがとうございます。これからもホモホモしい話を書き連ねていくのでよろしくな。

 

今週はずっと仕事が立て込んでおりまして、ブログの更新もTwitterもできず、うつろな目をして「おちんちんランドに行きたい…おちんちんランドに行きたい……」と心の中で呟きながらひたすらに弊社のパソコンに向かっておりました。

ところで社会人の皆さんは人生やり直せるならこの職に就きたいな~って思ったことありませんか?もっと勉強して弁護士になりたいとか、長身を活かしてモデルになりたいとか、アラブに生まれて石油王になりたいとか。今の仕事に100%満足している人も、違う仕事に就いていればもっといい人生があったのでは?と考えたことが一度はあるんじゃないかなと思います。

私は人生やり直せるなら教育学部に進んで男子高校の教師を目指す、もしくはモブおじさんになりたいです。

男子高校の教師は男子高校生と合法的に触れ合いたいという下心からくる願望職業なのでまぁ分かるとして、モブおじさんについては下の記事でも少しだけお話したんですけど、

 

真っ当な生活を送っている人は見たこともないし聞いたこともない言葉だと思いますので、もう一度説明させて頂きます。

モブおじさんとは、その名の通りモブキャラクターのおじさんのことです。名前を持たず、あくまで群衆として扱われます。私は好きなキャラを見ず知らずの男に襲わせたいときや、受けにしたい男キャラがいるのにお相手の攻めがいないときなどに腐女子の脳内に都合の良い棒役として現れる架空のおじさんをそう呼んでいます。…が、どこから発生した言葉なのかも知りませんし、正確な定義も分かりません。BLだけではなく、成人向け漫画などで美少女に痴漢を働いたり路地裏で襲ったりするおじさんも広義にはモブおじさんだと思います。

私はこのモブおじさんになりたい。今回はもしもモブおじさんという職業が実在して、モブおじさん採用試験を受けるとしたら自分はどうアピールするか?という精神疾患を疑われそうなテーマでエントリーシートを作成してみました。(文中に出てくるキャラはすべて私の勝手なイメージで決めています)

 

【志望動機】

 私がモブおじさんを志望した理由は、二次元には男を悦ばせるための肉棒が足りていないと思ったからです。スポーツ系の少年漫画には男キャラがたくさん出てきて容易にCPを組むことが可能ですが、萌え系美少女アニメに登場する男(アイドルマスターシンデレラガールズの武内P、甘城ブリリアントパーク可児江西也など)の尻を突く肉棒が不足しています。私は自らの肉棒を提供することで、萌えの世界で美少女たちに囲まれてのうのうと暮らすキャラに男の味を教え込んでいきたい、今まで知らなかった快楽にどっぷりと漬けてやりたいと思っています。

 また、都合の良い肉棒が増加すれば、攻めキャラを受けにすることも可能です。周りが受けっぽい子ばかりで作品内ではほとんど攻め扱いされている男がモブおじさんに組み敷かれて低い声で喘ぐ姿を想像するだけで息が荒くなってしまいます。

 そして、ひとりの恋人に抱かれるよりも、大勢の知らないおじさんに抱かれているときに輝くキャラクターの存在もあります。見るからに淫乱そうな顔の男キャラ(月刊少女野崎くんの御子柴実琴など)は複数の野郎共にめちゃくちゃに抱かれてこそ本来の魅力を発揮するのです。私はその一員となり、嫌だ嫌だと首を振りながらもよだれを垂らしながら蕩けきった顔をしている彼らの姿を見て興奮したいのです。

 以上のように、私はモブおじさんとなり、男キャラを悦ばせるための名もなき肉棒役となり、男キャラの尻穴を埋めることで男色社会に貢献していきたいです。

 

【長所】

・巨根

 

【短所】

早漏

 

【特技】

・自分の顔を消すこと

 

【趣味】

・美少年の観察

 

【好きな四字熟語】

切磋琢磨

常日頃からモブおじ同士で互いに励まし合い競争し合って共にテクニック向上に努めていきたいと思っているのでこの四字熟語が好きです。

 

【大学で学んだこと】

 私はモブ大学男根学部で四年間モブおじさんになるための教育を受けてきました。自分はあくまでもモブだということを自覚してなるべくカメラに写らないようにする訓練や、頑固で硬派なキャラを快楽の闇へ突き落す媚薬作りの研究、キャラを抱いたときに言う

「すっかりメスの顔になったようだな」

「好きでもない男に抱かれる気分はどうだ?」

「穢れちゃったね」などの卑猥な台詞の練習を重ねました。

 また、

・背後から通学中の男子学生の体をまさぐる痴漢電車シチュ

・囚われて競売にかけられた男キャラを金で買う闇オークションシチュ

・紳士に振る舞って完全に信用させた後に態度を一変させ無理やり抱くシチュ

・「可愛いね」「綺麗だね」と褒めまくってその気にさせてキャラが自ら服を脱いでいく姿をニヤニヤと見つめるシチュ

・金に困っている子に「ホ別イチゴでどう?」と持ち掛ける援助交際シチュ(ボロボロになるまで抱いてキャラを泣かせるパターンと、ベッドの上で他愛のない話やトランプを始めて体を売ろうとしていたキャラのキョトン顔を眺めるパターンがある)

などのシチュエーション経験を積み、モブおじさんとしての資質を養いました。

 

 【自己PR】

  私はプレイテクニックと性知識と巨根を活かし、モブおじさん、否、世界一の肉棒エンターテイナーになってみせます。私が採用されたあかつきには、男キャラの嫌悪感を煽りつつ体にとろけるような愛撫を施すことで精神的苦痛と肉体的快感を同時に与え、心と体をぐちゃぐちゃにかき乱して彼らに甘美で危うい非日常を提供することをお約束いたします。

 

 

 

 

 

…自分で言うのもなんですけどこれは合格間違いなしですね!私が人事だったらこのESの時点で採用してますね。文章は拙いですが絶対にモブおじさんになってやるぞ!という熱意が伝わってくる。

ESを書いているうちに本当に転職したくなってきたので、モブおじさんを必要としている企業がありましたら是非ご一報ください。巨根はないけど。