読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学ランと心中

ホモをご飯にかけて食べると美味い。

寄越す犬、めくる夜(2)/のばらあいこ 感想

 ヤクザ!ハメ撮り!前科!脅迫!借金!SMレイプ!援助交際!!!

 今までこんなにあらすじに不穏な単語が盛り込まれてる商業BLで目にしたことある?

 寄越す犬めくる夜2巻、お察しの通り今回も闇です。

  

 

 

寄越す犬、めくる夜 2 (onBLUEコミックス)

寄越す犬、めくる夜 2 (onBLUEコミックス)

  • 作者: のばらあいこ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: コミック
 

 【内容紹介】

お人好し攻×クズのチンピラ受×ヤクザの“オンナ”受

チンピラのカジノディーラー・菊池は
イカサマが発覚し、ハメ撮り動画を撮られた末に
ヤクザに借金を抱える身となる。
返済のために新職場でも金を盗む菊池は、
“前科”のために気づいた男に脅迫され、
SMレイプを受けていた。

一方、カジノのバーテンダー・新谷(しんたに)は、
菊池の借金返済を手伝うという流れで
ヤクザの“オンナ”須藤と
「1回30万」の援助交際を始める。

セックスは変態的で淫乱だが、
私生活では脆い姿を見せる須藤に、
新谷の心は揺れ動き――。

闇社会に踊る三角関係、待望の第2巻!

                       amazonより引用

 

 

 

 

 

 

 1巻の感想はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 ※以下ネタバレ有

 

 

 

 菊池のケツの表紙が目印の2巻。これが普通のBL漫画だったら「受けちゃんのプリケツサイコー!!!!」で終わっていたけど、先述のとおり1巻を読んだ時点で闇しかない作品だったので、興奮2割恐怖8割でドキドキしながら本を開きました。

 

 

 まずチンピラの菊池。イカサマしてヤクザに金を返すうちにどんどんヤバイ方向に転げ落ちましたね。菊池が犯した小さな罪が、巡り巡ってヤクザの会長の暗殺というとてつもなく大きな犯罪になろうとしている。

 しかもその殺ろうとしているヤクザ、須藤を愛人にしているあの清兼さんですからね。ヒエ~ 受け同士の殺し合いが始まっちゃうよママ~~!

 イカサマして金を盗んだおかげで自分をモノではなくヒトとして扱ってくれた新谷の優しさに気付けたけど、イカサマして金を盗んだせいで自分をモノではなくヒトとして扱ってくれた新谷に危険が及ばぬよう人殺しをするはめになってしまった。しかもその新谷がくれた優しさっていうのもちょっと怪しい感じなので、元凶といえど菊池は不憫。

 1巻からめちゃくちゃやり手なヤクザの香りがプンプンしていた佐治さん、マジで血も涙もない極悪非道な男でしたね。ここまでくるともういっそすがすがしくて拍手しちゃう。これがニコニコ動画なら佐治さんが「ウチの会長を殺せ」つったシーンで『8888888888』ってコメントを連打してたよ。最初須藤がやってたハメ撮りのお仕置きが赤ちゃんの悪戯に見えてくるレベル。個人的には新谷がいちばん怖いけど佐治もなかなか怖い男だ…。

 

 

 次にヤクザのオンナの須藤。菊池同様1巻での印象は愛情に飢えている男でしたが、2巻でその印象はますます強くなりました。2巻冒頭で一方的に会長に抱き付いて、服屋デートの後で新谷に抱き返してほしいとねだっているところは愛を欲する寂しくてかわいい普通の男だった。

 菊池は新谷一筋ですけど、須藤のほうは新谷の優しさが純粋な慈悲からくる本当の優しさではないことに気付きながらも介抱を受けたり体を重ねるうちに気持ちが動きつつあるのか、亡き妻の代替品として扱われながらもやはり会長のことを愛しているのかよく分かりませんね。菊池は新谷に優しく抱かれることで精神的に満たされてるけど、須藤は新谷にいたぶられながら抱かれるのが好きだし今のところは肉体的に満たされているだけな感じ。

 軽いやつをたしなむ程度にやってんのかなと思ったら体調悪くなるくらい割とどっぷりヤク漬けになっていることが分かったのでそれも心配だ…。母親の墓参りで供えた果物や花に放尿する須藤は完全にトチ狂っててわたしまでチビりそうになったけどあれもラリってるからやったことなのかな。それとも墓参りの恒例行事なのか?

 須藤の墓前放尿シーンを見て新谷が思った「禍々しい」という言葉は単純に倫理に反したけしからん行いという意味で使ったんでしょうけど、「禍々しい」には不吉という意味もありますよね。今後の展開を考えるとこの墓参りを機にもっと悪いことが起こりそうな予感がする。

 

 

 

 最後に新谷。わたしはこの男がいちばん怖いです。手に余る菊池と須藤の世話を焼く善人だからこそ恐れています。

 1巻の感想でもチョロっと触れましたけど菊池と須藤を抱く唯一の攻め新谷くんはカワイソウな人間に入れ込んでしまう男なんですよね。彼らだけでなく、過去には前の職場でDVを受けている上司の奥さんに接触し、可哀想だ、助けたいと思う気持ちが強くなり過ぎて上司とトラブルになって辞めてしまいました。放っておけない、救いたいという正義感が愛情に変わってしまった。そうやって一度痛い目に遭っているのに、またカワイソウな人たちに手を出してしまうのも業が深い。しかも今回は首を突っ込んだ相手が悪すぎた。

 最初は犯罪に巻き込まれて濡れ衣を着せられた新谷。だけど菊池を家に置いたのは自分が決めたことだし、須藤と割り切った援助交際以上の関わりを持とうとしているのも彼自身の意志なんですよね。自分は関係ないと突っぱねて妹とひっそり暮らすことを選んでいればこんな堕ちていくばかりの未来もなかっただろうに、新谷にはそれが出来なかった。

 

 佐治が新谷に心底入れ込んでいる菊池の心を利用して提示した新谷と新谷が大事にしている妹に危害を加えず且つ新谷と一緒に暮らせるかもしれない唯一の方法は「菊池がヤクザの会長を殺して、もしも逮捕されたら刑期を終えて新谷のもとに戻ってくる」というものでした。「新谷といつか生きる為」それが菊池の存在意義だと。例え人を殺してブタ箱にぶち込まれても新谷はきっと菊池が出所するまで待ってくれるだろうと。そして罪を償ったあとにふたりで幸せになればいいじゃんと。

 しかしはたして本当に新谷の情はそこまで深いものなのか?何度も言っている通り新谷はカワイソウな人間に興味があって好きになってしまう男なんですよね。確かに菊池が新谷の身の安全と引き換えに会長を暗殺して刑務所に入れば新谷は放っておけなくて何度も面会にくると思います。その時点では菊池は愛する人のために人殺しをしてマズイ飯を食わされながら罪を償っている最中のカワイソウな男なので。

 でも刑期を終えてヤクザに追われることも暴力を振るわれる恐れもなくなって何もかもまっさらになった状態の菊池を、新谷は心から愛してくれるんでしょうか。カワイソウな人間がカワイソウな人間ではなくなったとき、新谷は変わらずにその人間を愛することが出来るでしょうか。

 それは須藤に対しても言えることで、虚しそうで空っぽでヤクザに囲われているカワイソウな須藤に興味をもっている新谷が、たとえば会長が死んで全てのしがらみから解放されて1からやり直そうとしている須藤の隣に寄り添うことが出来るのでしょうか。

 …と、そこまで深読みして要らん心配して危惧してしまうところが新谷という男の怖いところです。2巻のラストで須藤を抱きながら須藤と菊池の誕生日はいつだろう?って考えてる新谷がいちばん怖かったな…。カワイソウな男たちの誕生日を祝福して彼らには自分しかいないんだって思わせて惚れさせてそれからどうするつもりなんだよ。

 でも新谷お前の性癖と自己満足でカワイソウな人間に甘い餌を与えるのはやめろと思う一方で、菊池と須藤を止められるのは新谷お前しかいねえんだという気持ちもある。現時点ではあんまり信用ならないけど一応信じてるぞ。

 

 

 

 

  

 

 ここまで不幸になる予感しかしないBLあるか?というほど全員順調に転落の道を歩んでいるし、人にはますますオススメしづらくなっていく寄越す犬めくる夜ですがわたしは大好きです。コミックス派なので2巻以降の彼らが今どういう状況になっているか全く知らないんですけど、もしも雑誌で三人とも生存してみんなで高飛びして海外でラブラブ3Pハッピーセックスエンド迎えてたら万歳三唱するのでぜひご一報ください。